2016年8月30日火曜日

第九を楽しむ~合同練習開始~

みなさん、こんにちは!
児玉 有希です☆


先週土曜日(8月27日)は、「大学の窓」のロケでした。
南関東7つの学習センターが取り組む
合同プロジェクト「第九を楽しむ」の取材。


ベートーヴェンの「第九交響曲」
面接授業やゼミを組み合わせて学び、
2017年3月に、東京藝術大学奏楽堂
成果を披露するという新しい試みです。


参加する学生のみなさんは、
それぞれの学習センターで、
これまでおよそ1年半に渡って、
歌唱についてはもちろん、
「第九」が生まれた時代背景やドイツ語を学んできました。


この日は、参加者全員が集まっての初めての合同練習。
250人以上が集まった
東京文京学習センターの講義室は熱気にあふれていました。


練習の前には結団式も行われ、
各パートのリーダーの発表や講師陣が紹介されました。


「第九」の合同合唱の前には、
岡部 洋一学長の指揮で、放送大学の学歌の斉唱も・・・
















そしていよいよ全員での「第九」・・・
迫力ある響きは圧巻でした。
















来年3月の演奏会に向けて、
これからも練習が続きます!!


「第九を楽しむ」プロジェクトの合同練習の様子は、
9月16日(金)からの「大学の窓」でお伝えします。
お楽しみに~♪♪