2017年11月15日水曜日

国東半島を巡る~大分学習センター面接授業②~

児玉 有希です♪

朝晩は冷え込みが厳しくなってきましたが、
みなさん元気にお過ごしですか?
放送大学本部の周辺の木々もきれいに色づき、
秋の深まりを感じるきょうこの頃です。

さて、今回のブログは、前回の続き。
大分学習センターの面接授業、2日目の様子をご紹介します。

「日本の神仏習合の源流をさぐる」と題された面接授業。
2日目は、学習センターでの座学の後、
真木大堂、天念寺、富貴寺、熊野磨崖仏を見学しました。

最後に訪れたのが、
国の重要文化財指定の熊野磨崖仏
























鳥居からおよそ100段の心臓破りの石段を登ると
やさしく微笑んでいる??磨崖仏を見ることができました。
登りより大変だったのは降り・・・。
降った直後は元気だったのですが、翌日はヒザがガクガクでした(笑)

神と仏が息づく文化に触れた2日間。
取材&撮影に協力してくださったみなさん、ありがとうございました!

この様子は、12月「大学の窓」でご紹介します。
お楽しみに♪♪