2018年1月31日水曜日

ラジオ授業にお邪魔しました♪

こんにちは、
中谷香央里です。

明日から2月!
在学生のみなさんは、
そろそろ科目登録申請の時期ですね。

新学期はどんな科目が開設されるのか
みなさん楽しみにしておられると思いますが
放送大学では
2018年度開設の科目の準備が大詰めを迎えています。


先日私が司会をさせて頂いたのが
ラジオ授業
「都市と農山村から見る身近な経済」の最後の回、15回目。


最終回の収録は こんな感じ。
マイクがたくさんで新鮮・・・。






左奥が近畿大学 坂 田裕輔教授
左前が放送大学 坂井素思教授
右の奥から二番目が島根大学 伊藤勝久教授
右前が近畿大学 新井圭太准教授
一番奥にいるのは放送大学のディレクターです♪


授業名を聞いて
なにやら難しそう・・・と構えながら、
収録のための予習を兼ねて
一足早く授業を聞きました。

最終回は担当講師4人が勢ぞろいですが
他の回も先生2人の掛け合いで授業が進みます。

  都市の抱える問題って?
    地域の活性化って何?
       森林・林業はどうなっているの?

  
  ・・・などなど。身近な内容が盛りだくさんです。

先生たちのお話を聞きながら
「これってなぜなんだろう??」、
と疑問だったことが解決されて行く  面白さ♪

最終回はどんなふうになるんだろうと
楽しみに当日を迎えました。



・・・実は、この授業。
坂井先生以外、みなさん関西弁。

つられないように気をつけなきゃと思いながら
関西で学生時代を過ごした私には、
どこか懐かしさを感じる、そんな収録でした。


みなさんも科目登録申請の参考に♪